• 印刷する

郵船ロジ、新規ロジセンターをシドニーに開設

郵船ロジスティクス・オーストラリアはこのほど、シドニーで8カ所目となるロジスティクスセンター(面積4,925平方メートル)をシドニー近郊のグレイスタンズに開設したことを明らかにした。これで同社が持つ豪州内の倉庫面積は8カ所全体で9万5,806平方メートルとなり、日系物流企業としては最大規模となる。【NNA豪州編集部】

物件のリース契約は9月1日からだが、オペレーションは既に稼働している。

同社によると、最近の人件費高騰や労働争議の高まりなどを背景に、リテール業界の間で在庫管理をアウトソーシング化する傾向が高まりつつあるという。費用対効果を考えると、在庫管理をアウトソーシングした方が効率的経営ができるとの判断だ。同社は現在、ヘアケア製品ブランドや家電、事務機器メーカーなどの顧客からの在庫管理を請け負っている。同社は「わが社の強みはITを駆使した分散在庫管理。企業の需要に応えていきたい」としている。

昨年4月、日本郵船は海外子会社を再編し、NYKロジスティクスと郵船エア&シーサービスを統合して郵船ロジスティクス・オーストラリアを設立している。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが娘が知人のオージー…(08/09)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

クラウン、シドニーのカジノ2年越しに開業(08/09)

バランガルーの開発修正案、関係各所が異議(08/09)

連邦政府、企業の一方的な労働協約解約阻止へ(08/09)

豪テレビ広告収入、オンデマンドが53%急増(08/09)

〔オセアニアン事件簿〕豪小企業のSNSアカウント、ハッカーの標的(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン