• 印刷する

消費者が直接参加、製品評価の新サイト

公正取引委員会は18日、韓国版コンシューマー・リポートサイト「スマートコンシューマー」内に、消費者が参加する製品評価コーナー「消費者トゥクトゥク」を正式にオープンしたと発表した。公取委と韓国消費者院は今年3月から毎月、韓国版コンシューマー・リポートとして「比較空間」コーナーに工業製品の比較情報を掲載しているが、信頼性に欠けるとの指摘があったことから、消費者が評価するサービスの開始に踏み切ったようだ。

新コーナーではまず、現在国内で販売されているスポーツタイプ多目的車(SUV)を評価。国産車23種と輸入車116種の計139車種が対象だ。評価に参加する消費者は、機能性や経済性、利便性、デザインなどを5点満点で評価できる。1人につき1車種の評価が可能だ。結果は、10人以上が参加した車種からリアルタイムで公開される。

また、外部の専門家や韓国消費者院などが構成する情報検証委員会も運営。意図的に悪意のある評価や広報目的と判断されるものは削除などの対応をする。

今後は、家電製品や映画館、移動通信商品などを評価対象にする予定だ。

ウェブサイトは<http://smartconsumer.go.kr


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の9割が利用する…(08/10)

過激労組が企業の重荷に 運送の支障深刻、銀行もスト予告(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

新規感染者15万人弱、死者40人増(08/10)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/10)

中国向け半導体装置輸出、1~6月は52%減(08/10)

スマホ有機EL・DDI、韓国がシェア8割(08/10)

電池各社が恩恵か、米インフレ抑制法案可決(08/10)

現代自のエコカー販売、国内で100万台突破(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン