• 印刷する

主要業種、シェア首位企業の独走強まる

情報技術(IT)や自動車など主要13業種の売上高、純利益ベースのシェアを分析したところ、5年前に比べ首位企業の「独り勝ち」傾向が強まっていることが分かった。朝鮮日報が伝えた。

IT首位のサムスン電子の場合、売上高のシェアは2007年の40.3%から11年に48.0%に上がった。その半面、売上高2位のLG電子と3位のLGディスプレーのシェアは計24.0%から20.5%に縮小した。純利益もサムスン電子は77.2%から90.4%に上昇し、NHNとSKC&Cは計6.0%にとどまった。2位以下の企業の順位が入れ替わる間に、サムスンは首位の座を不動にした。

自動車をみると、現代・起亜自動車の純利益のシェアが71.7%から104.5%に急拡大した。双竜自動車などが赤字を計上した一方で、現代・起亜自の純利益が業界全体を上回ったためだ。

首位企業のシェアが拡大する間に2、3位企業の影響力が低下した業種は、売上高ベースではITや通信、建設、自動車、流通、証券など9業種、純利益ベースはIT、化学、造船、自動車、流通など7業種あった。

こうした独り勝ち現象は、危機時ほど強まる傾向がある。輸出で業績を伸ばしている企業の場合、必ずしも国内で他社のシェアを奪っているとは言えない。しかし、内需関連業種などは懸念すべき問題だという。ある専門家は、同じ独り勝ちでも他社の価値を奪う形ではなく、新たな価値を生み出す形になるべきと指摘した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造金融建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソウルフェスタ202…(08/11)

外国人労働者のビザ枠拡大 8.4万人確保へ、造船業など支援(08/11)

首都圏で連日の豪雨、車浸水など被害多発(08/11)

豪雨で江南駅が浸水、直近10年で7回目(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

新規感染者、119日ぶり15万人超え(08/11)

新規感染者、今月中に1日20万人も(08/11)

満5歳での小学校入学、政策撤廃か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン