• 印刷する

レッドブル販売で新たな火種、再び法廷へ

栄養ドリンク「レッドブル」を販売するタイ飲料大手TCファーマシューティカル・インダストリーズ(TCPI)はこのほど、司法省が「不公正な取引を理由にTCPIを告訴すべき」と判断したことについて、「このような不当な決定は断じて認められない」と強く非難した。

9日付インクワイラーなどによると、サラザール司法次官が6月21日、レガスピ市の検察当局に対して、不公正な取引を働いたTCPIと当地の独占販売業者メリーランド・ディストリビューターズ(MDI)を告訴すべきと命じたことが問題の発端。MDIの前にレッドブルの独占販売契約権を保有していたエナジー・フード・アンド・ドリンク(EFDI)が告訴を申し立てたとされる。

TCPIとMDIは、同次官が著作権法などに違反したと主張したことに対して、「レッドブルの発売元であるTCPIが、なぜレッドブル商品で著作権法に違反する不当な取引を行う必要があるのか」との疑問を提起。司法省に対して再考を求める申し立てを行った。

TPCIは、今回の決定がデリマ司法相の休暇中に行われたことに不信感を示した上で、同相宛てにも同次官の決定を白紙化するよう求める書簡を送付。この中で「根拠がない告訴騒ぎで当社の名前と信用が損なわれる結果になった。サラザール次官の決定は、フィリピンで積極的な投資を展開してきたタイ企業の名声を汚した行為」と厳しく批判した。

TCPIは2008年にEFDIとの独占販売契約を解除。これに対してEFDIが不当な打ち切りとして地方裁判所に提訴し、契約解除を無効とする判決を勝ち取ったが、控訴裁判所は一転してTCPIを支持する判決を下した。


関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ビジネス目的の入国許可、来月1日から(10/23)

コロナ感染新たに1923人、計36万5799人(10/23)

コロナ感染新たに2057人、計36万7819人(10/24)

マニラ空港改修に暗雲 優先事業者、財務基盤弱く(10/23)

コロナ感染新たに1664人、計36万3888人(10/23)

経済区庁、登録企業9割が事業再開(10/23)

コロナ対策法第2弾、予算配分が低調(10/23)

旅行業団体、航空会社に3億ペソ返金求める(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン