• 印刷する

CBA通期、豪銀行の過去最高益を記録

コモンウェルス銀行(CBA)が15日発表した2011/12年度(11年7月~12年6月)決算は、現金利益が前年度比4%増の71億1,300万豪ドル(約5,912億円)に達し、豪州の銀行としては過去最高を記録した。純利益は同11%増の70億9,000万豪ドル、売上高は同2%増の472億豪ドルだった。16日付オーストラリアンが伝えた。

ナレブ最高経営責任者(CEO)は、2年間低迷していた企業と消費者の借り入れ需要が回復し始めていると指摘。法人向け融資が約4%、住宅ローン残高が約5%、それぞれ成長したと説明した。

だが、競合大手との市場競争の激化で、利ざやは圧縮されており、通期の純資金利ざやは2.09%と3ベーシスポイント、下半期は2.06%と6ベーシスポイント、それぞれ低下した。

CBAは昨年度、コスト圧縮策の一環として約900人の人員を削減したが、同CEOは今年度中の海外への業務移管の計画はないとしている。

アグロ・インベストメントのホール取締役は、CBAの自己資本利益率(ROE)が前年度の19.5%から18.6%に低下していることから、国際的な新銀行資本規制の導入によってプレッシャーを受けることになると指摘している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪企業、今年の給与予算20%増を想定=調査(18:11)

政府コンサル契約、5社の延長だけで1日百万$(18:11)

テイクオフ:オーストラリア・ゴール…(08/18)

豪の2Q賃金、2.6%上昇 14年3Q以来最大の伸び(08/18)

サウス32の炭鉱労働者、16%昇給要求(08/18)

豪準備銀、利上げ継続もペース減速を示唆(08/18)

米スポーツ大手リッズ、豪で5店舗展開へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン