• 印刷する

米蘭站が成都進出、香港企業と合弁設立で

中古ブランド品販売を手掛けるミラン・ステーション(米蘭站)はこのほど、向こう半年間に香港企業のスター・コンチネント(朗裕)と合弁企業「米蘭站商貿(成都)」を設立し、成都市場に参入すると発表した。出資比率は米蘭站が70%、朗裕が30%。2社による投資額合計は3,000万人民元(約3億7,200万円)で登記資本金は1,500万元となる。

これを受け、米蘭站が事業計画を発表した翌23日の同社株は、最高時で前日比73.2%と大幅に上昇。54.6%上昇の75HKセント(約7.6円)で引けた。時価総額は単日として新記録の1億7,800万HKドル上がり、5億550万HKドルに達した。

24日付サウスチャイナ・モーニングポストによると、輝立証券(フィリップ・セキュリティーズ)のアナリスト、フリップ・モク氏は「米蘭站の利益が昨年から減少していることを考慮すると、合弁事業が米蘭站にとってどのくらいのメリットをもたらすのか見極めるのは時期尚早」とコメント。株価が大きく上昇したことは意外との見方を示した。

昨年末時点で同社は、香港、マカオ、北京、上海で計16店舗を経営。今年上半期(1~6月)は減益を予想している。<香港>


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キャセイが輸送力回復へ本腰 増員と機材呼び戻し、需要拡大で(08/11)

新たに4593人感染、前日から548人増(08/11)

4千人が隔離を前倒し終了、一部で混乱も(08/11)

赤・黄の識別コード、翌日までにエラー1件(08/11)

行動制限は緩和せず、24日まで継続(08/11)

続落、ハンセン指数は2%安=香港株式(08/11)

シルバー債第7弾、発行額は過去最高(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン