• 印刷する

カジノのメルコ・クラウン、比に進出

マカオ・コタイのカジノリゾート「新濠天地(シティ・オブ・ドリームズ)」などを運営する新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)は、フィリピンのマニラ首都圏パラニャーケ市に総合カジノリゾートを建設する。投資額は10億米ドル(約799億円)を見込む。

同社は5日、全額出資子会社のMPELプロジェクトを通じて、小売業や金融業などを手掛ける比大手企業グループのSMグループや傘下企業のベル・コーポレーション、プレミアムレジャー・アミューズメントと協力覚書を交わした。発表によると、各社は60日以内に協力条件を話し合い、フィリピン経済区庁(PEZA)が建設用地を観光経済特区として認定するのを待って、コンソーシアム(企業連合)契約を結ぶ。

比公営賭博会社フィリピン・アミューズメント&ゲーミング(Pagcor)は既に同コンソーシアムにカジノ施設運営のための臨時ライセンスを発給しており、協力条件の協議が終わった後、正式なライセンスへと切り替える。

フィリピン紙の報道では、ベル・コーポレーションは先ごろ、新濠博亜娯楽を共同運営する豪州の世界的富豪ジェームズ・パッカー氏と「マカオのカジノ王」ことスタンレー・ホー氏を父親に持つローレンス・ホー氏と合弁事業展開に向けて交渉中であることを明らかにしていた。<香港>


関連国・地域: 香港フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

キャセイが輸送力回復へ本腰 増員と機材呼び戻し、需要拡大で(08/11)

新たに4593人感染、前日から548人増(08/11)

4千人が隔離を前倒し終了、一部で混乱も(08/11)

赤・黄の識別コード、翌日までにエラー1件(08/11)

行動制限は緩和せず、24日まで継続(08/11)

続落、ハンセン指数は2%安=香港株式(08/11)

シルバー債第7弾、発行額は過去最高(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン