• 印刷する

自動車登録料などを引き上げへ、ハノイ市

ハノイ市は自動車登録料、燃料税、駐車料金を引き上げる計画だ。同時に自動車の新規登録を制限する。市内を走行する自家用車の増加を抑制する狙いだ。16日付ベトナムネットが報じた。

ハノイ市人民委員会は先週、「2030年までのハノイ市運輸計画」を承認。公共交通機関の開発に注力し、20年までに公共交通機関の輸送分担率を全体の35%、30年までに50%にする目標が盛り込まれた。現在、公共交通機関の輸送分担率は10%という。

20年までに同市は地下鉄、都市鉄道、高速バス輸送システム(BRT)の開発に力を入れる方針。またラッシュ時に対応するため、12席以上の大型車両向けの専用レーンも導入するとしている。

公共交通機関を整備する一方、自家用車の数を減らすため、運転免許証の取得制限に加え、自動車登録料や燃料税、駐車料金、高速料金などを引き上げる方針だ。

また年間の自動車の新規登録数を制限する。現在、ハノイ市で登録されている車両のうち四輪車の割合は2.5%だが、20年にはこれを8%、二輪車を55%にする。

ハノイ市は30年までに市街地の18~20%を輸送網として開発する計画。6~8車線の高速道路を9本設置するほか、既存の幹線道路を4~6車線に拡幅する。さらに高架道路を建設し、9つの都市鉄道システムや、市の中心部と衛星都市を結ぶ鉄道網を整備する。鉄道プロジェクト向けの300億米ドル(約2兆3,660億円)を含めて、計画全体で計500億米ドルがかかる見通しで、政府開発援助(ODA)、民間部門、中央政府予算などから資金を調達するとしている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、23年半導体生産へ 北部工場で、一貫体制を強化(08/08)

パシフィック航空、航空免許取消の可能性も(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

ベトナム航空が23年以降増資計画、財務改善(08/08)

日本板硝子、太陽電池パネル用ガラス生産へ(08/08)

ザロ運営のVNG、3四半期連続赤字に(08/08)

FLCファロス株取引停止へ、決算報告遅れ(08/08)

ホーチミンの不動産価格、下期は下落懸念(08/08)

Thaco、年内にEマートを2カ所に出店(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン