• 印刷する

日立のエアコン工場で火災、製造施設損傷

日立製作所傘下の日立アプライアンス(東京都港区)のインド子会社、日立ホーム&ライフ・ソリューションズ(HHLI)の西部にあるエアコン工場で18日夜、火災が発生した。業務・家庭用空調機の製造施設が損傷したものの、けが人の報告はない。火はその日のうちに消し止められた。

火災が発生したのは、西部グジャラート州アーメダバード近郊のカディ工場。日立は、火災の原因や被害状況を調査中と説明している。工場は操業を停止しており、再開のめどは立っていない。

ビジネス・ライン(電子版)によると、同工場があるメサナ地区の消防士は「施設の大部分が火災の被害を受けた」と述べている。同工場の敷地面積は約2万4,000平方メートル。HHLIのドシ取締役は、生産再開に約8カ月かかると見通している。

同工場のルームエアコンの年産台数は約40万台で、国内販売分の約9割を占める。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

オラ、初の電動四輪を投入へ 24年発売、自社生産の電池を搭載(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

プレステージ、邦人向けクリニック開業(08/18)

三菱UFJ銀、西部金融都市に支店開設(08/18)

デジタル融資、準備銀の承認機関のみ可能に(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン