• 印刷する

キヤノン、初のミラーレスカメラ10月発売

キヤノン・シンガポールは23日、同社初となるノンレフレックス(ミラーレス)タイプカメラ「EOS M」を発表した。先月発表した新型デジタル一眼レフ(DSLR)カメラ「EOS650D」と合わせ、コンパクトデジタルカメラからの移行を目指すハイアマチュア層を狙って国内シェア拡大を目指す。今年10月初旬の発売を予定している。販売価格は未定。

世界同時発表の一環となった。今回発表した同機種は、同社のデジタル一眼レフカメラ「EOSシリーズ」を「軽量・コンパクト化」した製品。ファインダーは搭載せず、背面の画面を見ながら撮影するライブビュー専用機となる。専用のレンズと交換できるDSLRカメラ並みの機能に、カメラ背面の液晶画面を直接触るだけで操作できるなど、コンパクトカメラやスマートフォン(多機能携帯電話)に近い操作方法を加えた。ピントを合わせるオートフォーカス(AF)方式にも先に発売したEOS650Dと同じ新技術を導入し、ライブビュー撮影や動画記録に強みを発揮できるという。

同社のアンドリュー・コー・ゼネラルマネジャー(個人イメージング・情報製品担当)は「これまでのEOSシリーズの実績を受け継ぎつつ、軽量化と小型化(マイクロ、ミニ)をコンセプトとして『M』を型番につけた。EOSシリーズと同じ画像センサー、画像処理エンジンを搭載しており、EOSの機能を小型のサイズで提供できる」と話した。具体的な目標販売数は明らかにしなかった。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電機IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月9日は57回目の独…(08/11)

債権回収業者への依頼増加 不当圧力も、年内法案可決目指す(08/11)

4~6月の企業景況感、前期から大幅低下(08/11)

フォーブスのアジア優良企業、7社が選出(08/11)

商業不動産取引額、4~6月は過去最高(08/11)

テマセク、ブラジル企業投資のファンド設立(08/11)

新規感染7965人、前日の2.2倍(9日)(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン