• 印刷する

テイクオフ:当地では今の時期、バラ…

当地では今の時期、バラの花が見ごろだ。住んでいるマンションの敷地内をはじめ、街のあちこちで赤いバラをよく見かけ、公園や遊園地などではバラ祭りが行われることもある。

京畿道果川市にあるソウル大公園でも、7月まで約300種類の花が楽しめる。バラ園があるとは知らず、敷地内の子ども動物園が目的で足を運んだのだが、一面に広がる色とりどりの大きな花に思わず見とれてしまった。

ソウル市内では、祭りは終わってしまったがオリンピック公園のバラ園が一般に公開されている。こちらでは、韓国産のバラも多くみられるという。首都圏ではソウル大公園のほか、竜仁市のエバーランドでも今月中旬まで、バラ祭りが行われている。この2カ所は午後10時まで開園しているといい、夜桜ならぬ「夜バラ」を楽しみに行ってみるのもいいかもしれない。(れ)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車線変更した救急車が、…(07/13)

日系農機、高性能需要に商機 政府の転作奨励や高齢化にも対応(07/13)

新型コロナ感染者、44人増の1万3417人(07/13)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/13)

21年の最低賃金難航、労働者側が反発(07/13)

アジア人気ブランド、9年連続でサムスン(07/13)

起亜自、今年の販売20%減に(07/13)

クーパン、シンガポールHooqの資産買収(07/13)

セルトリオン、テバの片頭痛薬を受託生産(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン