• 印刷する

雨の出勤・通学停止、早朝5時半に=馬総統指示

台湾全土を襲った11、12日の豪雨で、台北、新北、高雄などの各市で「出勤・通学停止」の指示が遅れて市民の不満を招いた件で、馬英九総統は13日、中央気象局を視察した後、午前5時半までに指示を出すよう各県市に要請した。

現行法では各県市は24時間以内の雨量が一定に達し、水害の恐れがある場合、「通勤・通学停止」を指示できると規定。台北、新北など12県市では350ミリメートルを基準としている。

馬総統は「気象情報の不足が、地方政府の混乱を招いた。気象局には午前4時に情報提供をお願いする。地方政府は5時半までに出勤、通学の停止を決めるようにしてもらいたい」と述べた。この時間であれば多くの市民がまだ出勤、通学前と思われるためという。

台湾大学公共行政・政策学の陳耀祥準教授は「気象局の情報は出勤・通学停止の判断材料だが、今回、市民が怒ったのは市長らに危機管理能力と決断力が欠けていたためだ。しっかり連絡と判断を行えば今回のような混乱は起きない」と話している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

検査キット実名制購入、15日から第4弾(08/12)

22年のGDP成長率予測、3.76%に下方修正(08/12)

新型コロナの域内感染者、12日は2万1761人(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

上場企業売上高、7月の最高 観光が大きく増収、ハイテク好調(08/12)

EEZ落下は習氏決断、弾道ミサイル(08/12)

台湾現状変更「させない」、米下院議長(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン