• 印刷する

社会変化の中心は397世代、経済研が分析

LG経済研究院はこのほど発表した報告書「文化と消費を主導する大韓民国の30代の価値観とライフスタイル」を通じ、韓国社会の変化を主導する「397世代」に注目した。

397世代とは、現在30代で、1990年代に大学に入学した70年代生まれの人を指す。かつて「386世代」として注目されてきた現在の40代に代わって台頭する存在だ。統計庁によると、2010年時点で韓国の30代人口は779万4,495人で40代(820万4,781人)を下回るが、すでに消費においては30代が最主力で、映画や音楽でも90年代の学生生活ヘの郷愁が新たな文化トレンドを生みだしているという。

研究院は30代のライフスタイルのキーワードとして、◇格式よりは心地よさ◇グルメ◇家族との余暇◇所有よりは実用的な住居◇二重的な消費パターン――を挙げた。カジュアルで若々しさを感じさせる服を好み、食べることに金と時間を使うことに寛大で、家族との余暇を大切にする。消費面では計画性が高いと同時に衝動買いの傾向も強く、企業としては、30代が楽しく消費するすべを知っている点に注目すべきとした。

報告書は、こうした397世代の特性が韓国産業界の志向の変化にも多大な影響を及ぼすと見込んだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソウルフェスタ202…(08/11)

外国人労働者のビザ枠拡大 8.4万人確保へ、造船業など支援(08/11)

首都圏で連日の豪雨、車浸水など被害多発(08/11)

豪雨で江南駅が浸水、直近10年で7回目(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

新規感染者、119日ぶり15万人超え(08/11)

新規感染者、今月中に1日20万人も(08/11)

満5歳での小学校入学、政策撤廃か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン