〝ゾンビ電車〟で渋滞解消、映画に着想

【共同】激しい交通渋滞で知られるインドネシアの首都ジャカルタで、ゾンビに扮(ふん)した役者が鉄道駅や電車内で乗客に突然襲いかかる劇場型イベント「終末行き電車」が開かれ、話題になっている。公共交通機関の利用を促そうと、若者に人気のホラー映画から着想を得て、鉄道運…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マセラ鉱区、ガス生産開始は2年ずれ込みか(20:20)

カーターミナル社、来年400億ルピア設備投資(20:20)

テイクオフ:日本でインドネシア語を…(09/26)

電動バイクを法人向けリース 三菱HCキャ、脱炭素化支援(09/26)

インディカ、台湾鴻海とEV合弁会社を設立(09/26)

国営車載電池IBC、海外鉱山の取得を検討(09/26)

デジタル放送、首都圏で10月5日に完全移行(09/26)

国内最大級の東ジャワ州ガス田、生産開始(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン