• 印刷する

豪企業、今年の給与予算20%増を想定=調査

オーストラリア企業は今年の給与予算が20%以上増加することを想定していることが、人材派遣会社ロバート・ハーフの調査で分かった。一方で、今後数カ月の間に昇給を求める従業員は半数以下にとどまっているという。18日付オーストラリアンが伝えた。

ロバート・ハーフが企業トップ300人を対象に実施した調査によると、給与予算の増額割合は中規模企業が平均21%で、大企業は同29%だった。企業の規模が大きくなるほど給与予算は多くなるが、小企業は平均で10%増加にとどまるようだ。

従業員の給与引き上げを予想している雇用主が圧倒的に多いが、63%は賃上げを要求した従業員にのみ昇給を行うと回答。従業員から要求がなくても昇給を行うという回答は33%だった。今年は賃上げを計画していないという回答は3%にとどまっている。

ロバート・ハーフのジョーンズ社長は、最近の急激なインフレにより、昇給していない従業員は数カ月前と比べて収入が実質的に減少していると指摘。インフレ率の上昇と生活費の圧迫により、オーストラリアの労働者は経済的な困難を軽減するために給与に注目し始めているとした。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

豪8月住宅融資、3%減も依然コロナ前上回る(15:58)

不動産メトロ、豪と英で物件取得(18:15)

日系プリンスアカトキ、シドニーとメルボ進出(15:58)

テイクオフ:オーストラリアでは、栄…(10/04)

QLD州、新土地税を撤回 他州の協力得られず(10/04)

〔政治スポットライト〕政府の汚職防止委、聴聞の公開可否が争点(10/04)

政府、企業に顧客の個人データ放棄強制も(10/04)

豪経済、保護主義より貿易強化を=生産委(10/04)

複数企の労使交渉、ストの権利は必要=労組(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン