• 印刷する

テイクオフ:たとえ下戸でビールが苦…

たとえ下戸でビールが苦手でも、飲みたいと思う時がある。それは山東省青島市を訪れた時だ。

「青島ビール」は、世界のビール消費量トップの中国で、華潤、燕京と並ぶ三大ビールの一つ。冬季北京五輪で公式スポンサーを務めた。先に開かれたワールドブランドサミットでは、2022年の国内ブランド500選のうち、ビール部門で1位を獲得。首位は19年連続だ。食品飲料部門でも白酒(パイチュウ)で有名な茅台、五糧液に次ぐトップ3に入った。生産拠点のデジタル化を推進している企業でもある。前回の出張時、現地でしか味わえない限定品があると聞きつけ、新鮮な無ろ過ビールなどを味わった。

青島ビール祭りが最近まで開かれていたとのニュースを見て、あの味が恋しくなり現地に行きたくなったが、まだコロナ禍。ネット通販で我慢するか。(矛)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(10/04)

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

中銀、人民元での燃油輸入代金の決済を容認(10/04)

フェロニッケル、中国企業の22%株取得(10/04)

シャオミ、差押資産はクアルコムへの支払い(10/04)

NZ携帯市場シェア、アップルが41%で最大(10/04)

衣料品やガス、輸出が回復 収支均衡図るも資源高重しに(10/03)

〔アジア人事〕LIXILなど(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン