嫌な仕事なら無職の方がマシ、若者の6割

オランダの人材サービス大手ランスタッドの調査で、香港の若者の6割以上が、嫌な仕事をするくらいなら無職になったほうがいいと考えていることが分かった。16日付スタンダードが伝えた。 調査は2~3月、香港の18~67歳の被雇用者1,000人を対象に実施した。全体では、45%が不満…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の昔話には寝てばか…(09/28)

今年は「日本秋祭」で盆踊り 初の企画、グルメや文化もPR(09/28)

新たに3667人感染、前日から367人減(09/28)

行政長官、さらなる緩和は「慎重に」(09/28)

香港総商会、水際対策の全廃を呼びかけ(09/28)

隔離廃止、外国人家政婦の需要高まる(09/28)

反発、ハンセン指数は0.03%高=香港株式(09/28)

住宅PF、高級一戸建ての予約販売3倍(09/28)

イオンクレアジア、8月中間期は2.6%増益(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン