健康観察中は出勤可、病気休暇の強要認めず

香港政府労働・福祉局の孫玉カン(クリス・スン、カン=くさかんむりに函)局長は14日、海外からの入境者に課す強制検疫(隔離)期間の短縮に伴い導入された健康観察4日間の労働について、雇用主が出勤に適さないと判断した場合も、従業員に給与を支払うべきだと説明した。病気休…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:およそ世の中はアントニ…(10/05)

元建て株の取引活性化へ 値付け制度導入、印紙税は免除(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

新型コロナ感染者、3000人台で推移(10/05)

党大会後に本土との往来緩和か、譚耀宗氏(10/05)

企業はすぐには戻らない、香港総商会が警告(10/05)

クルーズ市場回復に数年、啓徳の運営会社(10/05)

海外での乗員隔離を廃止、キャセイ航空(10/05)

反落、ハンセン指数は0.8%安=香港株式(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン