北部ボーテン経済特区、進出企業369社に

ラオス北部ルアンナムター県の中国国境近くに位置するボーテン経済特区(SEZ)に、これまでに369社が進出したことが分かった。中国系企業が360社とほとんどを占めている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 ボーテンSEZの開発を手がけるラオ・ボーテン・エコ…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(09/30)

3カ国、低成長と物価高併存 ミャンマーはインフレ率20%も(09/30)

パンカム首相、シンガポールを公式訪問(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

22年成長率予測、世銀が2.5%に下方修正(09/29)

9月閣議、通貨の安定化など協議(09/28)

デング熱の感染者数、2万5000人を突破(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン