• 印刷する

マ航空が羽田線就航、JALとコードシェア

マレーシア航空とJALは、クアラルンプール―羽田線の就航記念式典を開催した=14日、スランゴール州セパン(マレーシア航空のフェイスブックより)

マレーシア航空とJALは、クアラルンプール―羽田線の就航記念式典を開催した=14日、スランゴール州セパン(マレーシア航空のフェイスブックより)

マレーシア航空は14日、クアラルンプール―羽田線の運航を開始した。日本航空(JAL)との共同運航(コードシェア)となる。

マレーシア航空とJALは同日、クアラルンプール国際空港(KLIA)で同線の就航記念式典を開催。乗客には、日本でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合に出場するマレーシアのプロサッカーチーム、ジョホール・ダルル・タクジムの選手らが含まれていた。

クアラルンプール―羽田線は、週2往復運航する。運航スケジュールは、MH36便が午後2時45分にクアラルンプール発、MH37便が午前0時25分に羽田発。エアバスA330―300を使用し、座席数は290席(ビジネスクラス27席、座席スペースの広いエコノミークラスが16席、通常のエコノミークラスが247席)となっている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

CPTPP批准、経済界が歓迎 11月末発効へ、輸出に追い風(10/07)

新規感染1722人、2千人未満が5日連続(10/07)

ペトロナス、LNG子会社に不可抗力宣言(10/07)

RM1=31.2円、$1=RM4.64(6日)(10/07)

プロドゥア9月販売2.4万台、前月比5.4%減(10/07)

ス州など6州、年内解散でも同調せず(10/07)

連休の南北高速、1日190万台の利用予想(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン