• 印刷する

テイクオフ:パプアニューギニアで、…

パプアニューギニアで、議会(定数111人)総選挙の結果が確定した。マラペ首相の続投が決まり、何もスキャンダルなどがなければ任期に従い約5年の政権が続く。出馬していた女性看護師の友人は、残念ながら落選した。

パプアの投票制度は、オーストラリアと同じように候補者に順番を付ける選好投票制だ。ただ、インフラが整っていない中での開票作業の手間を省くことや、恐らく大勢の候補者が出ることを考慮して上位3人を選ぶことになっている。

友人は1位票の数を基準にすると、彼女の選挙区では候補者38人の中で16位だった。健闘したとも言えるが、得票率は1.9%で得票数は664票。友人の村の人口がその程度だから、村を越えて支持を広げられなかったとも言える。次の選挙がいつになるか分からないが、同国でようやく増えてきた女性候補者の1人として次回も挑戦してほしい。(欣達)


関連国・地域: オーストラリアパプアニューギニア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アキレス腱(けん)の断…(10/05)

豪準備銀、0.25P追加利上げ 6会合連続も上げ幅は縮小(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

豪資源輸出が過去最高へ、赤字は400億$縮小か(10/05)

豪のバッテリー金属の輸出額、一般炭に肉薄(10/05)

欧米に続き各国利上げ、アジア太平洋地域(10/05)

豪政府、所得税減税の第3段階目を縮小も(10/05)

人材急募!豪企業の4社に1社が求人中(10/05)

〔オセアニアン事件簿〕企業の1万人規模の情報漏えい、今年既に12件(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン