• 印刷する

テイクオフ:韓国人の9割が利用する…

韓国人の9割が利用する対話アプリ「カカオトーク」。そのホーム画面の最上段には「友達の誕生日」の項目がある。つながっている友達の直近の誕生日が確認でき、すぐ横の「プレゼント」ボタンを押せば、さまざまな商品を簡単に贈れる。

「プレゼント」はLINEのギフト機能と同様のサービスだが、多用度では韓国が日本をはるかに上回っているそうだ。スターバックスやフライドチキンセットのギフト券などが一般的で、相手の誕生日には同額相当のお返しをするのが習慣化している。

カカオのプレゼント事業は昨年3,000億円規模の取引額を記録し、同社を支える大きな収入源に成長した。カカオは利用者データを基に、誕生日のほか、出産や退職、引っ越しなどあらゆるお祝いにギフトを誘導する戦略だという。これまで以上に神経を使いそうで、少し不安もよぎる。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SKハイがネオンを初国産化 輸入代替・安定調達に貢献(10/07)

新規感染者2.9万人、死者29人増(10/07)

韓国へのFDI、過去最高の200億米ドル超(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

韓日経済フォーラム開催、協力強化を模索(10/07)

9月の輸入車販売17%増、半導体不足が緩和(10/07)

LGエナジー、二輪電池交換事業に進出へ(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン