中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止

【ワシントン共同】中国軍が台湾周辺で4日に発射した弾道ミサイルは、日本の排他的経済水域(EEZ)内にも落下し、中国のミサイルが日本や在日米軍を射程に捉えているという脅威が浮き彫りとなった。バイデン米政権は地域への関与を強調することで中国抑止を狙い、偶発的な衝突…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、2日は4万3241人(19:00)

新型コロナの域内感染者、30日は4万3280人(20:08)

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン