上海の1人当たりGDP、中進国上位水準に

中国共産党上海市委員会は8日、上海市民の1人当たり域内総生産(GDP)が2021年に2万6,900米ドル(約363万6,000円)となり、「中進国上位の水準に到達した」との見方を示した。10年前の12年(1万4,200米ドル)から2倍弱となった。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 同市…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バングラ国境紛争に中国が影響力=研究者(11:22)

テイクオフ:実りの秋がやってきた。…(09/28)

破砕米価格、1カ月で41%上昇(09/28)

3Qの成長率は3%以上に 2Qから回復も、低水準継続へ(09/28)

工業企業利益、1~8月は2.1%減に(09/28)

安倍氏の遺志「継承」、首相の弔問外交2日目(09/28)

中国は今年3.2%成長、OECDが下方修正(09/28)

中国成長率2.8%に、22年=世銀が下方修正(09/28)

米は国葬巡る賛否静観、海外反応(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン