サムスン電子、初の労使交渉が最終合意

韓国サムスン電子の労使が8日、昨年10月から続いていた賃金交渉を巡り最終合意したことが分かった。同社が労働組合と賃金協約を結ぶのは、創業以来初めて。聯合ニュースが伝えた。 最終合意案には、秋夕(中秋節)連休中に出勤する従業員への手当を既存の3日から4日に延長する…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:念願だった運転免許を取…(10/04)

9月の輸出額2.8%増 車や電池好調、赤字は6カ月連続(10/04)

新規感染者1.2万人、死者20人増(10/04)

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

8月の産業統計、全分野でプラス(10/04)

7月の平均賃金、4%増の392万ウォン(10/04)

米韓FTA発効から10年、経済貢献の評価も(10/04)

現代コーポ、インドネシアに車部品工場(10/04)

SKシルトロン、ウエハー増産に866億円(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン