• 印刷する

海外大学生インターンビザ、きょうから新設

韓国法務省はこのほど、海外の大学生向けに国内でのインターン活動を可能にする「先端分野インターンビザ(D―100―3)」を8日から導入すると発表した。

新制度は、海外の優秀な大学で半導体やIT、バイオなど先端技術を専攻する学生を対象に、韓国企業へのインターンや就職活動を認めるもの。従来の制度では国内で学位を取得した外国人留学生のインターンは許可されている一方で、海外大学に所属する学生は対象外となっていた。

■留学・就業での優遇措置も

同ビザの滞在期間は最長1年間で、最低賃金以上の給与を受け取ることもできる。また、取得者が国内への留学や就業を希望する場合、手続きの簡素化などさまざまな優遇措置を受けられるという。

一方、企業側には同ビザの申請を採用人数の20%までにとどめる制限が設けられた。韓国人学生の雇用悪化を防ぐための措置で、創業3年以内の中小・ベンチャー企業に限り規制対象外となる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国とのFTA、関係深化に不可欠=在マ大使(16:33)

AIや6Gでデジタル強国へ 政府戦略、競争力世界3位目指す(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

新規感染者3.1万人、死者46人増(09/30)

30年にEV330万台生産、世界シェア12%へ(09/30)

2Qファウンドリーシェア、サムスン16.5%(09/30)

ILサイエンス、車用シリコンレンズを量産(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン