政策金利3.5%で据え置き、17カ月連続

インドネシア中央銀行は21日、前日から2日間開いた月例理事会(金融政策決定会合)の決定に基づき、政策金利の7日物リバースレポ金利を3.5%に据え置くと発表した。据え置きは17カ月連続となる。 市場金利の実質的な下限である「翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)」と…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアでは猫を死…(09/27)

首都の住宅、50万戸必要 中間層向け高層物件の開発も(09/27)

マセラ鉱区、ガス生産開始は2年ずれ込みか(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

カーターミナル社、来年400億ルピア設備投資(09/27)

北スマトラ港―経済特区の鉄道輸送を開始へ(09/27)

メダン―ビンジャイ鉄道複線化、24年に完成(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン