外国人労働者の採用上限凍結へ 2年間の時限措置、人手不足に対応

マレーシア政府は、新型コロナウイルス禍以降の人手不足に対応するため、国内製造業に対して課している外国人労働者の採用数を従業員全体の2割までとする規定を一時的に凍結する方針だ。地元メディアの報道によると、2年間の時限措置となる見通し。業界団体は同規定による労働力…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1608人、2日連続で2千人未満(16:36)

安倍氏国葬、アズミン貿易産業相が参列(17:48)

国際宅配DHL、来年は平均7.9%値上げ(17:44)

テイクオフ:「マレーシアデー」の3…(09/26)

最大与党総裁に無罪判決 汚職疑惑、早期解散の圧力強まる(09/26)

首相がマレー語で国連演説、指導力誇示か(09/26)

新規感染1924人、再び2千人下回る(09/26)

為替相場は市場に一任、通貨安進行で=中銀(09/26)

RM1=31.2円、$1=RM4.58(23日)(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン