北京ダック全聚徳、中間は赤字1.5億元予測

北京ダックで知られるレストランチェーンを展開する深セン上場の中国全聚徳(集団)(北京市)は14日、2022年6月中間期決算の純損益が1億4,500万~1億5,600万元(約30億~32億円)の赤字になるとの予測を発表した。赤字額は前年同期(4,245万元)から3倍以上となる見通し。新型…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ナノフィルム、中国で合弁 車載電池市場の拡大見込み(09/30)

電動乗用車投入の動き広がる サイム、中国BYDのEV販売へ(09/30)

3カ国、低成長と物価高併存 ミャンマーはインフレ率20%も(09/30)

奇瑞汽車、組み立て生産開始 再参入後初モデル、SUV2車種(09/30)

東京で国交50周年記念祭典 習主席、関係深化に前向きな姿勢(09/30)

長城汽車のハーバルPHV、予約6千台に(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

政治のハイレベル交流を、経団連会長(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン