• 印刷する

配車グラブ、猛暑対応で追加料金徴収

ベトナムの配車アプリ大手グラブ(ベトナム)は6日から、猛暑に対応する追加料金の徴収を一部省市で始めた。運転手の苦労に報いることが目的と説明している。7日付VNエクスプレスが報じた。

北部ハノイ市と南部ホーチミン市での追加料金は、二輪車配車の「グラブバイク」やデリバリーの「グラブマート」「グラブフード」で1回当たり5,000ドン(約21米セント、約29円)、小口宅配の「グラブエクスプレス」で3,000ドンとされる。

北部ハイフォン市、北中部ゲアン省、タインホア省、中部ダナン市、トゥアティエンフエ省フエ市、中南部カインホア省、中部高原ダクラク省、南部バリアブンタウ省ブンタウ市、ビンズオン省、ドンナイ省、カントー市でも、グラブバイクとグラブフードの利用に5,000ドンを徴収する。

ガソリン価格の高騰に伴って、グラブをはじめとする配車アプリ各社は運転手の確保が難しくなっており、追加料金で運転手を引き留める狙いもあるようだ。グラブはこれまではテト(旧正月)期や夜間のサービスに追加料金を徴収している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

国家銀、貸出金利の抑制指示 インフレと景気減速両にらみ(09/26)

不動産市場低調で担保処分進まず、銀行業界(09/26)

電気料金引き上げ、政府の規制緩和求める(09/26)

ビンGの電池工場、6兆ドン追加投資が承認(09/26)

メルセデス、AMGモデルの現地組立計画(09/26)

ヤマ発、「グランデ」など若者向け二輪発表(09/26)

ビザ免除・個人旅行解禁へ、来月11日から(09/26)

台風16号が接近、28日に中部直撃も(09/26)

カンボジア違法労働からの救出者、千人超(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン