北朝鮮サイバー攻撃で米当局警告、医療機関狙う

【ワシントン共同】米連邦捜査局(FBI)などは6日、北朝鮮のハッカーが昨年5月以降、医療機関を狙って身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を使ったサイバー攻撃を仕掛けていると警告を出した。被害件数など詳細は明らかにしていないが「長期間にわたり医療サービス停止に…

関連国・地域: 韓国北朝鮮日本米国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

安倍氏国葬、アズミン貿易産業相が参列(17:48)

LINEマン、資金調達で企業価値10億ドル(18:25)

マセラ鉱区、ガス生産開始は2年ずれ込みか(14:04)

〔アジア人事〕ユニ・チャームなど(09/26)

テイクオフ:我が家で先日開いたパー…(09/26)

大統領、投資誘致に「成功」 米から帰国、日米首脳とも初会談(09/26)

ユニクロが初の黒字化 進出3年で達成、月内に8店舗目(09/26)

電動バイクを法人向けリース 三菱HCキャ、脱炭素化支援(09/26)

台湾航空各社が10月に増便、日本路線も(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン