• 印刷する

テイクオフ:ここ数年間、フィリピン…

ここ数年間、フィリピンで大きく改善したものの一つにコンビニエンスストアの品ぞろえがあると感じる。特に中食やパン、デザートの充実ぶりには目を見張る。中食は、10年近く前に駐在した際は手に取る機会がほとんどなかったが、今では電子レンジで温めるだけで食べられる商品が豊富にあり、時間がない時などに重宝している。

パンもかつては大手メーカーの食パンが中心で、品ぞろえが乏しい印象だったが、今は菓子パン、総菜パンともに充実しており、日本風の商品もある。デザートはカットフルーツからプリン、豆腐に蜜をかけて食べる「タホ」など、甘さ控えめの商品も多くなっている。

管理体制も徹底されているようで、以前は時々目にした賞味期限切れの商品は陳列棚から取り除かれている。あとはレジの混み具合が改善されれば、さらにコンビニの利用頻度が高まりそうだ。(中)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

旧民放大手、TV5に出資 52億円で35%株取得、当局は反発(08/12)

ABS―CBN、スカイケーブル株売却(08/12)

比の22年成長予測を下げ、国内外機関(08/12)

石炭発電所の新設凍結、現政権でも継続(08/12)

外食ジョリビー、1~6月は純利益4.5倍(08/12)

セブパシ航空、1~6月は赤字縮小(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン