22年下期の工業用地放出、7区画に

シンガポール貿易産業省は6月30日、2022年下半期(7~12月)の国有工業用地売却(IGLS)計画で、7区画の用地を放出すると発表した。対象用地の面積は計6.36ヘクタールとなる。 応札の有無にかかわらず確実に入札を実施する確定リスト方式で放出する用地は、西部ジャラン・…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通年成長率の見通し3~4% 上限を下方修正、世界経済悪化で(08/12)

4~6月の輸出額9%増、見通し上方修正(08/12)

設備投資表明額、4~6月は2年ぶり高水準(08/12)

21年度税収は22%増、経済活動の活発化で(08/12)

シンガポール系が兵器調達仲介、人権団体(08/12)

配車グラブ、設立10年で新本社屋を開所(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン