• 印刷する

熊谷組、台北の高層複合ビル新築工事を受注

熊谷組は29日、台湾の完全子会社の華熊営造が不動産開発を手がける台北双星から台北駅西側の高層複合ビル「台北双子星大楼(台北ツインタワーC1・D1)」新築工事を受注したと発表した。今年10月に着工する計画。

台北双子星大楼はC1とD1の2棟で構成。C1は事務所から成る56階建て、D1は事務所やホテルなどから成る74階建て。延べ床面積はC1が20万3,154平方メートル、D1が31万9,532平方メートル。受注額と工期は明らかにしていない。

施工に当たっては華熊営造を幹事会社として、台湾建設大手の中華工程(BES)、久年営造で構成される共同企業体を組成する。

熊谷組の担当者は受注に至った経緯について「熊谷組と華熊営造はこれまで台北101などを施工しており、こうした実績が評価されたと考えている」とコメントした。

台北双星は台湾のノートパソコン大手、藍天電脳(クレボ)と不動産開発会社である宏匯集団の合弁会社で、2019年に台北市政府と開発に関する正式契約を交わしていた。

熊谷組の完全子会社「華熊営造」が新築工事を受注した台北双子星大楼C1・D1のイメージ図(台北双星提供)

熊谷組の完全子会社「華熊営造」が新築工事を受注した台北双子星大楼C1・D1のイメージ図(台北双星提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

茨城県が食と観光アピール 台北で見本市出展、商談会も企画(08/19)

新型コロナの域内感染者、18日は2万3088人(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

観光再開のタイムスケジュールない、指揮官(08/19)

重慶の電力逼迫、台湾ノートパソコン業に影響も(08/19)

台湾のサイバー対策支出、今年は9億米ドル(08/19)

南亜、彰浜工業区の土地取得に57億元投資(08/19)

網家の日本代理購入サービス、上期6割増収(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン