• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタの学校で対面…

ジャカルタの学校で対面授業が再開し、娘が通う高校では全校生徒が参加する学年末行事が開かれた。日本でいえば運動会と文化祭が一緒になったような数日続くイベントで、コロナ下の2年前に入学して以来、初めての大規模行事だ。

最終日には、女子生徒は民族衣装「クバヤ」に、バティックの腰布を巻く正装をしてくるよう指示された。伝統衣装の「着物」を身にまとう機会が少なく、自分で着付けもできない人が多い日本とは違い、ここでは民族衣装は身近な存在だ。

学校からの指示は「黒色の靴を着用すること」。民族衣装に通学用のズック靴? 「伝統」の重しが頭から離れられない日本人には、ちぐはぐ感が拭えない。だが通学時間になって、安全のためかと合点がいった。娘は腰に布を巻いた姿でバイクタクシーの後部座席にまたがり、さっそうと街を駆け抜けていった。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日の独立記念日に「…(08/16)

7月輸出、32%増で堅調 資源価格頭打ち、輸入は伸び加速(08/16)

追加接種の未完了、移動時のPCR検査義務(08/16)

インディカ、同社初の電動バイクを発表(08/16)

マツダ、スポーツカー「MX―5」を発表(08/16)

電動バイクのフォルタ、4千億ルピアで増強(08/16)

電動バイクの電池交換所、民間給油所と提携(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン