• 印刷する

仏海運大手と港湾庁、脱炭素化で協力

フランスの海運大手CMA・CGMとシンガポール海事港湾庁(MPA)は、海運業の脱炭素化に向けた低炭素燃料の利用やグリーンテクノロジーの開発などで協力する。

両者は22日に覚書を締結。合成燃料の「eメタノール」や「eメタン」、バイオ燃料などの低炭素・ゼロ炭素燃料の商船への利用や、炭素回収技術の開発、海運業のデジタル化、労働力の強化などで合意した。

CMA・CGMは、eメタンに対応した液化天然ガス(LNG)燃料船10隻とメタノール燃料船6隻を発注しており、うちLNG燃料船3隻をシンガポール船籍として登録する計画。現在保有するeメタン対応の船舶は29隻で、26年までに77隻に増やす予定だ。

ロドルフ・サーデ会長兼最高経営責任者(CEO)は、「脱炭素化やデジタル化、技術革新は世界の海運業界が戦略的に取り組んでいる優先事項になる」と指摘。シンガポールは同社のグローバルネットワークにおいて重要な位置付けにあると付け加えた。

海事港湾庁のクア・レイフーン長官は、「CMA・CGMとの連携が、シンガポールの海運業界のニーズへの対応、海運従事者の能力開発、海洋技術開発の強化に貢献すると確信している」と述べた。

フランスの海運大手CMA・CGMとシンガポール海事港湾庁は海運業の脱炭素化に向けて協力する(同庁提供)

フランスの海運大手CMA・CGMとシンガポール海事港湾庁は海運業の脱炭素化に向けて協力する(同庁提供)


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

漫画ネット販売TORICO、現法設立(19:01)

糖や飽和脂肪酸の表示義務化、店頭飲料にも(18:58)

新規感染7776人、前日比3.4倍(11日)(18:50)

ケッペル、独で洋上風力発電事業の権益取得(16:41)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

通年成長率の見通し3~4% 上限を下方修正、世界経済悪化で(08/12)

4~6月の輸出額9%増、見通し上方修正(08/12)

設備投資表明額、4~6月は2年ぶり高水準(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン