自部品の独ベーアへラ、西部プネで工場稼働

ドイツの自動車部品大手ベーア・ヘラ・サーモコントロール(BHTC)は、インド西部マハラシュトラ州プネで新たな生産施設を稼働した。エコノミック・タイムズ(電子版)が22日に伝えた。 プネの施設では、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)やクライメート・コン…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、スズキ開発の新型SUVを発売へ(07/01)

マハラシュトラ州首相にシンデ氏、BJP(07/01)

SUVブレッツァ新型を発売 スズキ、低調局面の打開を図る(07/01)

ウルトラテック、ロシアと人民元で石炭取引(07/01)

国産原油の規制緩和、民間への販売可能に(07/01)

小口投資で太陽光発電施設、南部州で設置(07/01)

鉄鋼JSW、CO2排出削減に1000億ルピー(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン