元太董事長、向こう数年の業績を楽観視

台湾電子ペーパー大手、元太科技工業(イーインク)の李政昊董事長は22日、向こう数年の業績に楽観的な見通しを示した。欧米市場での電子棚札(ESL)需要の高まりに加え、新たな生産能力の稼働開始に伴い、四半期ごとの成長を見込む。23日付経済日報などが伝えた。 李董事長に…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、30日は3万8846人(18:17)

テイクオフ:「アパートの外壁工事で…(06/30)

「3K」労災、対策が急務 台湾支える外国人労働者(中)(06/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万2112人(06/30)

現行のコロナ対策、7月も維持(06/30)

7月からマルチビザ発給、日台マカオが対象(06/30)

新規感染者数、1万人割れは7月末=指揮中心(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン