ペナン州、7月からホテル税の徴収再開

マレーシアのペナン州政府は7月1日からホテル宿泊税の徴収を再開する。国営ベルナマ通信が22日に伝えた。 ホテル宿泊税は新型コロナウイルスの流行を受け、徴収が2年間にわたって停止されていた。州政府は業界と協議を行い、徴収再開を決めた。 税額はコロナ前と同額で、4つ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信6社、5Gネットワークに7割出資へ(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

運賃無料化の押し上げ効果薄く 人流調査、交通機関利用が35%減(07/01)

新規感染2605人、2日連続2千人台(07/01)

RM1=30.9円、$1=RM4.41(6月30日)(07/01)

ベルマツ9千台受注残、23年1Qまでに解消(07/01)

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン