QLD政府の新税は雇用リスク、財界が酷評

オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州政府が、2022/23年度(22年7月~23年6月)予算案で資源ロイヤルティー(生産賦課金)率と給与税を引き上げたことを受け、財界から投資減少や雇用喪失につながると非難の声が続出している。石炭大手にとっては二重苦となり、同州で…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

豪新外相に対ミャンマー政策で公開書簡(07/01)

テイクオフ:オーストラリアでは3月…(07/01)

豪、大手の炭素削減措置を改正 23年7月から実施へ(07/01)

石炭火電閉鎖が加速、送電網整備が急務に(07/01)

〔政治スポットライト〕豪首相がNATO会議参加、オーカスも確認(07/01)

豪の賃上げ、150万人超の女性に恩恵(07/01)

連邦のGST配分、算出法見直しを=ACT(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン