• 印刷する

越ベトジェット、印との直行便4路線新設

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は22日、国内の主要3都市とインドの北部デリー、西部ムンバイの2都市をそれぞれ結ぶ計4本の新規路線を開設すると発表した。

新たに開設したのは、▽ホーチミン―ムンバイ▽ハノイ―ムンバイ▽南部キエンザン省フーコック島―デリー▽フーコック島―ムンバイ――の4路線。ホーチミン、ハノイとムンバイを結ぶ路線は今月上旬に就航した。フーコック島―デリー便は9月9日から週3便(水、金、日曜)、フーコック島―ムンバイ便は同8日から週4便(火、木、土、日曜)を飛ばす。

ベトナムとインドは今年、外交樹立50周年の節目に当たり、ホーチミン市人民委員会のファン・ティ・タン副委員長のインド訪問に合わせて、ムンバイで新規路線の就航記念式典が開かれた。

ベトジェットはこれら4路線以外に、ベトナムとインドの間では初の直行便となる、ホーチミン―デリー便、ハノイ―デリー便の2路線を運航している。


関連国・地域: ベトナムインド
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:デリー首都圏(NCR)…(08/16)

7月乗用車販売は11%増 ローン金利上昇を懸念、自工会(08/16)

今後25年で先進国入り、首相が目標表明(08/16)

7月の二輪販売は前年比9.6%増(08/16)

スズキ、CNG対応のスイフト発売(08/16)

起亜、SUVセルトスの累計販売30万台突破(08/16)

アショク傘下、地場に電動バス5千台供給(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン