• 印刷する

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の長女…

ドゥテルテ大統領の長女サラ氏の副大統領としての就任演説は、その話し方が印象的だった。時に汚い言葉を使う父と異なり、非常に「副大統領的」な話しぶりだった。アドリブはあったものの、スピーチ原稿から逸脱して誰かを攻撃する父のようなことはなく、最後まで原稿に忠実な演説だった。

こうした態度は、選挙期間から彼女が一貫して演じているように見える。ダバオ市長としてスラム街の取り壊しを主張する行政担当者ともめ、顔を殴ったことでも知られるように、もともとは気が強いイメージがある。だが、副大統領選に立候補したことを機に大幅にキャラクターが変わり、柔和な表情を浮かべることが増えた。

サラ氏を「攻撃的」「独断的」とする報道は今も目にするが、彼女は変わりつつある。その理由は分からない。父とは違うということを国民に印象付けようとしているのかもしれない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、政策金利3.75%に 連続利上げ、物価抑制を優先(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

公共交通車両1万台超、首都圏で運行再開(08/19)

シティコア、25年に発電容量7倍狙う(08/19)

5G速度、比はア太地域でワースト4位(08/19)

全国の港湾施設、1~6月は旅客2.4倍(08/19)

レジ袋課税法案を可決、下院歳入委(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン