• 印刷する

ジャカルタの空気質、20日朝に世界最悪水準

世界各地の大気汚染状況を公開しているスイスの空気清浄機メーカー、「IQエアー」によると、インドネシアの首都ジャカルタの空気質指数(AQI)は、20日午前6時時点で193となり、世界最悪水準となった。AQIは6段階から成り、151~200は「不健康」で、「危険」「非常に不健康」に次ぐ悪さだ。

微小粒子状物質「PM2.5」の濃度は1立方メートル当たり136.7マイクログラムで、世界保健機関(WHO)が指針として示す下回るべき濃度の27倍となった。

20日付テンポ(電子版)によると、IQエアーは、▽屋外でのマスク着用▽窓を閉め、外気が室内に入らないようすること▽空気清浄機の使用▽屋外での運動は避けること――を勧告した。

インドネシア気象気候地球物理学庁(BMKG、気象庁)の分析によると、ジャカルタのPM2.5の濃度は、州内の車両や住宅などから排出されたPM2.5以外に、周辺工業団地から排出され風に乗ってジャカルタに流されたものの影響を受ける。また、湿度が高ければ、粒子が水分を含み、濃度が高く出やすくなるという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国軍、食用油産業の統制強化 輸入制限・価格監視も効果見えず(07/04)

テイクオフ:首都ジャカルタから飛行…(07/04)

6月CPI、5年ぶり高水準 前年比4.35%上昇、食料高で(07/04)

ホンダ二輪、新型車「ADV160」を発表(07/04)

二輪の展示販売会IMOS、首都で11月開催(07/04)

石炭価格、2カ月ぶり下落も依然300ドル超(07/04)

サーソル、プライベートジェット合弁設立(07/04)

6月製造業PMI、景況改善圏を維持も減速(07/04)

中国外相がミャンマー入り、東南ア歴訪で(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン