• 印刷する

テイクオフ:デング熱の患者が急増し…

デング熱の患者が急増し、記録的な数字になっている。政府は住宅地で草木を中心に水気がある場所を減らして蚊の繁殖を抑制する対策を呼びかけているが、「生物兵器」を使用して被害を食い止めようとしていることはあまり知られていない。共生細菌のボルバキアを保有する数百万匹の雄のネッタイシマカを放つのだ。

ボルバキアを持たない雌のネッタイシマカと交尾すると産まれた卵はふ化しないため、致死性のデング熱やジカ熱、チクングニア熱など、蚊が媒介する病気のリスクを大幅に減らすことができる。環境当局は、年末までにボルバキア共生蚊の1週間当たりの繁殖数を現在の200万匹から500万匹に増やす予定だ。

早くボルバキアを持つ雄のネッタイシマカが近所に来てくれることを願っている。日本企業が開発したデング熱のワクチンが承認されれば、予防接種を受けられるとも聞いている。(静)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/04)

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/04)

日系企業の5割近く、出勤率75%超に(07/04)

中国人技術者の雇用促進で合意、技術者協会(07/04)

中国の自転車シェアサービス大手、市場参入(07/04)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(07/04)

流通セントラル、セルフ倉庫に30%出資(07/04)

中国系ネット証券、国内初フルサービス開始(07/04)

低炭素電力輸入、2回目の提案依頼書発行(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン