• 印刷する

日本3社、高速鉄道のアドバイザリー業務受注

JR東日本など日本の鉄道10社が出資するコンサルティング会社、日本コンサルタンツ(東京都千代田区)は14日、インドの西部ムンバイとグジャラート州アーメダバードを結ぶ「ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道(MAHSR)」事業を巡り、インドの国家高速鉄道公社(NHSRCL)から、施工段階の土木設計に関するアドバイザリー業務を受注したと発表した。

日本コンサルタンツによると、同業の日本工営(東京都千代田区)、オリエンタルコンサルタンツグローバル(東京都新宿区)を含めた3社でつくる共同企業体ジャパン・インターナショナル・コンサルタンツ・コンソーシアムとして受注し、3日に契約を結んだ。受注額は約8億円で、契約期間は1年。NHSRCLの意向次第で契約を延長する可能性もある。

NHSRCLは当初、インドのコンサル会社と施工管理業務に関する契約を結んでいたが、施工段階で生じた問題や現地の状況に応じた設計変更に十分対応できず、今回の追加契約を決めたという。

NHSRCLとの契約を締結後、記念撮影をする日本3社の関係者=3日(日本コンサルタンツ提供)

NHSRCLとの契約を締結後、記念撮影をする日本3社の関係者=3日(日本コンサルタンツ提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:デリー首都圏(NCR)…(08/16)

7月乗用車販売は11%増 ローン金利上昇を懸念、自工会(08/16)

今後25年で先進国入り、首相が目標表明(08/16)

7月の二輪販売は前年比9.6%増(08/16)

スズキ、CNG対応のスイフト発売(08/16)

起亜、SUVセルトスの累計販売30万台突破(08/16)

アショク傘下、地場に電動バス5千台供給(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン