• 印刷する

海底トンネルに混雑税、渋滞対策で導入へ

香港政府の陳帆(フランク・チャン)運輸・住宅局長は11日に更新した公式ブログで、九龍地区と香港島を結ぶ3本の海底トンネルの料金体系を改定する方針を示した。ラッシュ時の通行料に「混雑税」を加えて割高にし、渋滞改善を目指す考えだ。

九龍と香港島を結ぶ地下トンネルは西区海底トンネル、紅カン(ホンハム、カン=石へんに勘)海底トンネル(クロスハーバー・トンネル)、東区海底トンネルの3本。このうち最も新しい西区海底トンネルの運営権が来年8月1日に政府に移行することを機に、料金体系の改定を目指す。通行料はラッシュ時、平常時、閑散時の3段階に分けて設定。ラッシュ時の料金は混雑税を上乗せして割高とし、閑散時は割安とする。

当局の調査で、ラッシュ時の通行車両の約6割がマイカーであることが判明している。陳氏は時間帯によって料金を引き上げることでマイカーの通行を減らし、渋滞が緩和できると期待をかけている。

西区海底トンネルは、政府と香港西区隧道が1993年に結んだBOT(建設、運営、譲渡)方式の契約の下で整備された。契約期間は30年。香港西区隧道が所有する運営権は、来年8月1日に政府に移行する。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

消費券第2弾、配布始まる 300億HKドルで景気てこ入れ(08/08)

週末3日間、連日4000人余り感染(08/08)

隔離短縮の発表延期、「技術的問題」理由に(08/08)

コメダ珈琲店、1号店は10月に黄埔で(08/08)

続伸、ハンセン指数は0.1%高=香港株式(08/08)

7月末の香港外貨準備高、55億米ドル減少(08/08)

22年GDPは0.5%減、香港総商会が予測修正(08/08)

長和、中間決算は増収増益(08/08)

長実、中間期は55%増益(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン