• 印刷する

《知財》コーエーテクモ、浙江企業と和解

コーエーテクモホールディングス傘下でオンラインゲームやモバイルコンテンツを開発・運営するコーエーテクモゲームス(横浜市)は3日、中国同業の杭州絶地科技(浙江省杭州市)を著作権侵害で提訴していた件について、和解が成立したと発表した。

杭州絶地科技は、コーエーテクモゲームスが保有する人気ゲームソフト「真・三國無双」などの音楽やゲーム画像を無断使用していた。コーエーテクモゲームスはこの行為が著作権侵害に該当すると判断し、2020年1月に東京地方裁判所に訴訟を提起した。

コーエーテクモゲームスによると、裁判で著作権侵害の事実が認められ、悪質であると判断された。裁判所の和解勧告により、杭州絶地科技は侵害を認め、謝罪した。杭州絶地科技は、解決金として500万円を支払うほか、保有する全ての著作権侵害データを記録媒体から抹消(まっしょう)する。

コーエーテクモゲームスは、裁判所の和解勧告がコーエーテクモゲームスの知的財産権保護の方針に沿うものであると判断し、和解を受け入れたと説明した。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

長城汽車のEV、500台の予約が58分で完了(17:58)

ANA、7月11日から北京発成田行き再開(14:14)

上海の屋内施設再開、市民生活が正常化へ(17:57)

万宝、銅山攻撃を強く非難 送電塔破壊、国軍は報復(06/30)

〔アジア人事〕リコー(06/30)

テイクオフ:湿気混じりの暑さが続く…(06/30)

工業のエネ効率向上へ 中央が行動計画、消費1割減目標(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン