新型コロナワクチン国産へ、中国企業と提携

カンボジア政府は、中国企業の支援を受けて新型コロナウイルスのワクチン生産に乗り出す。今後の感染拡大に備え、1億回分以上を国産化できる体制を構築する方針だ。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 フン・セン首相が、地場製薬企業が今月1日に中国の科興控股生物技術(…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

外国人旅行者、今年は130万人予想=観光省(08/18)

税務総局の1~7月税収、28%増の22億ドル(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

新型コロナ感染、16日は36人で再び増加傾向(08/18)

最低賃金協議始動、9月23日に最終会合開催(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン