• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの新聞の…

オーストラリアの新聞の見出しは分かりにくいと感じることが多い。最近見た新聞では、直訳すると「オックスフォード通りの開発が、赤、オレンジ色、黄色、緑、青、紫の信号を獲得」とタイトルが付けられていた。

不動産開発の承認などによく使われる「get green light(青信号を獲得)」という慣用句を、LGBTの中心地として知られる同地にかけて「青信号」ではなく「虹色の信号」に改変したもので、日本の新聞式に訳せば「LGBT文化の中心地、再開発の承認獲得」という感じだろうか。

慣用句と文化的背景を知っていればしゃれた言葉遊びだと感心するのだが、雑誌などならまだしも、報道機関としてはいかがなものかと苦笑いしてしまう。言葉の色彩豊かな当地の新聞に慣れたオージーからすると、日本の新聞は無味乾燥に見えるのだろう。(松子)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは、屋…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

人材確保に苦戦、豪企業の31% 商社・ホスピタリティー分野など(06/28)

煩雑なビザ手続き、熟練技能移民が豪回避(06/28)

〔オセアニアン事件簿〕NSWで鉄道スト、今週は大幅遅延見込み(06/28)

豪生保各社が新団体設立、FSCから脱却へ(06/28)

国税局、確定申告で仮想通貨投資を厳格調査(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン