感染拡大で追加経済対策 346億元、「共存」で規模縮小

台湾の国家発展委員会(国発会)は26日、新型コロナウイルスの域内感染拡大を受け、追加の経済対策を発表した。予算は345億6,000万台湾元(約1,490億円)。飲食業や観光業を中心とする産業や個人を支援し、89万9,000人が恩恵を受けるとみている。台湾政府が掲げる「コロナとの共存…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市型市民マラソン大会…(07/04)

〔アジア人事〕アルゴグラフィックスなど(07/04)

6月新車販売、9カ月ぶり増 上期累計では減少、部品不足影響(07/04)

新型コロナの域内感染者、3日は3万2567人(07/04)

コロナ再感染の定義と対応を発表、指揮中心(07/04)

MPU売上高、21年は聯発科技が世界5位(07/04)

上場27銀行、2Q純利益が36%増(07/04)

6月の二輪車販売、3カ月ぶりプラス(07/04)

和大工業が嘉義に新工場、35億元投資(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン